祭祀研究家 竹谷泰則 徳風會・祭祀研究所

先祖の祭祀を代々相続する家庭の墓

家庭の幸福とは、家庭全体からみた幸福、すなわち世帯主を中心とした家族全部の幸福

      

 「系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。」民法897条

 「一つの墓地内に本家と分家とか又は他人とか、何れにしても二軒の家の墓がありますと、その両家の盛衰交々に至って、片方が頭を挙げると片方は衰える。これを繰り返して遂には共倒れになる。若し三軒以上の家の墓がありますと争ひが絶えませぬ。さうして親子でも兄弟でも口をきかないようになります。」初代会長故松崎整道師 (先祖の祭祀P118)

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)

 徳風会吉相墓は、一軒の「家」のご先祖様が順序良く祀られ、直系の子孫も亡き後には順序良く納まる、家庭のお墓です。
 お墓や仏壇など、ご先祖様の祭祀に関するものは、財産の相続とはちがい一人が相続し、その家庭が祭祀供養していきます。
 本家とは、先祖の祭祀を承継し主宰する家庭であり。分家とは、先祖の祭祀を承継しない新しく独立した家庭です。本家と分家が住居を別にするように、お墓を別にしなければ独立した「家」の形ができません。

乱雑に墓石を建立してある家庭は…家庭内に問題が絶えません。または、未婚者や、未亡人、女天下、離婚による厄介者。
親や先祖の墓石を兄弟や親族が共同で建立して建立者の氏名を入れると…誰か一名は家運が衰えます。または共に栄えません。右側の名の家から衰えます。

 

石塔の順序

 五輪塔や供養塔は@の場所。
 代々は古きよりABCの順。
 逆死者はGFと逆の順に建てる。
 

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)

      
       

家庭のお墓 徳風会吉相墓は、先祖の祭祀を代々相続する家庭の墓

墓と家庭

墓が家庭のどこに関係するか

一、夫婦が六十才位までそろう。
二、頼りにする子の逆死がない。
三、数ヶ月も寝る病人が出ない。
四、良い相続人がある。
五、子孫が産まれる。
六、経済が安定する。
以上六項目で、墓の形が家庭にあらわれます。
[注意]家庭の有様が必ず墓に表れるのではありません。

家庭の墓と個人の墓と成仏の相

 世界的に見て、普通は一人だけの個人の墓です。しかし日本人の墓は、代々直系の子孫が収まる家庭の墓です。
 個人の趣味を表したモニュメントでは遺骨置き場で、先祖を祭祀する形ではなく、また成仏(昇天)を表しません。
 まじめに先祖を祀り、且つ成仏を表した竹谷式吉相墓で、正しく先祖を祀りましょう。

家の根となる家庭の墓

 「吉相墓」は、ご先祖様の次に枝葉の子孫達のことが大切です。「根を養い枝葉が繁る」ご先祖様に厚くして根を養ってこそ、枝葉の子孫が繁栄します。子孫が絶えるのは、先祖の祭祀が絶えることです。
 そして、自分の亡き後には墓を子が建て、吉相の菩提により冥福を得て、草葉の陰(墓)から子孫を守護し、子孫繁栄を望む‟先祖になる”のです。
 だから、‟家の根となる「家庭の墓」”は、供養と共に、ご先祖様への報恩感謝や、子孫への願いを込めて建立するのです。

先祖・墓は子孫の根、根の如く枝葉なる

ご先祖様がファミリーツリー(子孫)の根

       

 「人生家あるとも墓なきときはその家滅び、墓あるともその建方よろしきを得ざればその家また枯れる、墓は即ち家の根であると同時に相続のものである」初代会長故松崎整道師 (先祖の祭祀P101)

 「先祖は樹木の根なり。子孫はその枝葉なり。根を飼ひ養わずして、枝葉栄ゆる理なく、花咲き実生ずるためしなし」二代目会長故初代竹谷聰進師

 「お墓は先祖の”みたま”であり、位牌は遥拝所なのですから、二つはきっても切れない間柄であり、家の根となってその家の盛衰にかかわってくるのです」四代目会長故二代目竹谷聰進師 (徳風S47.6)

ファミリーツリー
 

 ご先祖様は、この目で直接見ることは出来ないが、私たちの元となる方です。そこで地中にあって目に見えない樹木の「根」に例えます。 先祖・墓は子孫の根であり、その子孫は枝葉です。「根の如く枝葉なる」先祖・墓の如く子孫に、家庭に影響が現れます。

 

   

@樹木に例えると

根…見えない先祖のみたま見えない先祖のみた まを顕現する墓
枝葉…繁栄する子孫
実…成果の果実
    入学卒業  結婚子宝・etc.
    研究発明  入社昇進・昇給

A先祖・墓は、子孫すなわち家庭の根です

 ご先祖様を吉相の墓と仏壇の両輪でお祀りし供養してこそ、家庭が子孫繁栄するための土台を固めていく事となります。
 吉相のお墓で凶相を避け、よく供養して根である先祖・墓が良くなってこそ、枝葉の子孫が繁栄し、また人生の成果を上げて行く事が出来ます。

C墓の無い家庭は根無し草

 墓所の無い家庭は家運不定と言って子孫と財産が両立しない家庭です。

B吉相の墓で家の根を養う

 今日の自分が存在するのは先祖のお陰であり、吉相墓で先祖の環境を整えて、家の根を養い養分を行き渡らせてこそ「根の如く枝葉なる」 枝葉が茂り花が咲き実が成りますます。そして家の根の墓を代々相続します。
 

  墓所の無い家庭…財産があると子は早く死に孫が相続したり娘に養子を迎えたり、相続人である長子があっても遠方で生活したり、夫婦の片方が病弱であったりします。精神病者の出来たりします。長男が相続すると財産がなくなります。
吉相墓
     

竹谷式墓相

 

   

 「次に記しますのは、著者が統計をとり九三%という確率を得た墓相研究の細部の発表です。」二代目会長故初代竹谷聰進師

   

石塔の観方

竹谷式墓相

 竿石を身体、上台石を動産、下台石を不動産と観ます。また竿石の正面向って右を男性、左を女性と観ます、また竿石を男性、上台石を女性とも観ます。
 各部にキズなどが発生すれば、各部に応じた問題が発生します。
 また、水の上がり方(石が水を吸って、色が濃いところ)は家運の状態を表します。

 

 

先祖の祀りと病気原因の関係

          

墓相墓域の凶相

 

山の尾根や頂の墓・・・相続人に大きな心配ごとが生じる家 。

 

墓地に塀があるのは・・・他人が訪問 し難い家庭。大きな秘密 のある家庭 。

圧高線の下の墓は・・・良い時代があっても、十年平均のじり貧になる。

竹谷式墓相

 

 


 

樹木が帽子のように石塔の上に被ると・・・胸や腹部の病気になる。
墓地に樹木が生えると・・・木が太れば太るほど財産が減る。
樹木にかかった雨のしづくが石塔にかかると・・・胸や腹の病人があります。

自分の墓所に周囲の高地から流水が入る場合・・・東または、南から流入すると、主人が。北または、西から流入すると、妻が。短命か病弱になる。

境石を入れても、その石に 入口の無い場合・・・事業に時々行き詰まりが生じる家庭。または一定の名誉職の長続きしない家庭。

    

 

高い墓地(枠)は・・・損失が生じた場合、元に復することがなかなか困難です「七寸以下がよい」。

墓相石塔の凶相

   

猫足の台石の場合・・・養子が相続すれば財が増えるが、長男の場合晩年貧乏する。

竹谷式墓相

自然石の竿石は・・・養子か、血統たえるか、身体障害、または腫物に注意。
自然石の台石は・・・軽い身体障害に注意。

黒石竿・・・大きな秘密を蔵するか、大問題を起こすか、後指を指される家庭となるか、火難や災害が起こる。

下台石が二枚の場合・・・不動産が減る。
上台石が二枚の場合・・・金銭が次第になくなる家になる。
台石が一枚の場合・・・不動産が増えない家。

石塔が傾いているのは・・・子孫や金銭で大きな心配事が起こっている形。

二方面以上に花筒や水入れがあるのは・・・軽い身体障害か、金銭に大変困難する。

初代竹谷聰進著・墓相の本

先祖の祭祀と家庭運 先祖の祭祀と家庭運
竹谷聰進著 定価2,000円(税別)

 お墓は生きています。悪い形は禍を招き、良いお墓は幸せを呼びます。
 この書は、墓相の真髄を表わした名著です。一家に一冊お備え下さい。

 
家運長久の秘訣
竹谷聰進著 定価400円(税別)

 四十年の研究による、家運の良くなる吉相墓の建立後のお手入れ、お守り等についての必読の書です。

吉相墓

墓相より吉相墓が生まれる

「吉相墓」の色々な特長(竹谷泰則の「吉相墓」入門より)

「吉相墓」は、枠と入口を必ず設置 「吉相墓」は、高さが低い枠石
「吉相墓」は、樹木を植えない 「吉相墓」は、自然の土
「吉相墓」本家と分家は別の墓を建立 「吉相墓」は、親の石塔の左に子の石塔を建立

根を養い枝葉が繁る

 墓相では、「お墓は先祖である」と言いますが、「先祖が苦しんでいる」とか、ご先祖様の状況を言いません。
 墓相の本は、「家族が病気になる」とか、「家庭が金に困る」とか、子孫が受ける障りの話ばかりですから注意が必要です。
 自分たち子孫が受ける墓相の障りを聞いて建墓する場合は、ご先祖様のことを第一に考え直す方が良いのです。
 吉相墓の建立を考えるに至った、墓相の障りや家庭運の話は非常に大切なのですが後に置いて下さい。お墓では、ご先祖様のことを第一に考えます。
 「根の如く枝葉なる」お墓の影響を第一に受けるのは、祀られているご先祖様です。先祖と言う家の根を良くするため吉相墓を建立します。
 供養と言う、お墓の第一義が大切です。コ風会竹谷式吉相墓は、報恩感謝し冥福(死後の幸福)のための吉相の菩提であり、「供養の墓」を建立し、ご先祖様を第一に、手厚く祀り、正しく祭り、お墓をご先祖様として家の根を養います。
 「根を養い枝葉が繁る」そして次に枝葉の子孫のこと。家庭運が非常に大切です。 子孫が絶えることは、先祖の祭祀が絶えることです。自分たちの家庭の幸福や子孫繁栄を願い、吉相の良い影響と、ご先祖様の守護と、お陰を求めます。
 「吉相墓は、ご先祖様のことを第一に考えて、それから次に自分たち子孫のこと。」を、ご留意下さい。

©Taketani,Yasunori 不許複製・禁無断転載
       

正確な家系図が先祖の祭祀の基

我在是先祖之御遺徳也 常報恩感謝之功徳以報
 

 「家系図は大切にすべきものでありまして、我国では大昔から系図を尊びます。キリスト教にもマタイ伝福音書(新約聖書第一章)の中にアブラハムからダビデまで十四代、ダビデからエコニヤまで十四代、エコニヤからキリストまで十四代と書いてあるのは系図であります。」二代目会長故初代竹谷聰進師 (先祖の祭祀P201) 

 「善因があればその善因が、悪因であれば、その悪因の結果が、その人達の家系図の中で好むと好まざるにかかわらず結果となって出ている。」「家系図を、正しい先祖祭祀を、正しく理解する事がそのお家の家運をきめるため重大にして肝要な事だ。祭祀の横領や悔を残すような形を出さない為にも必要な事は先ず、正しい家系図(誤りのない)を確認したい。」四代目会長故二代目竹谷聰進師 (徳風S47.2 S47.4)

 
 

 世界の神話には神々の系図が、聖書にはキリストの系図が、我が国の神話には神々と天皇家の系図が明らかにされています。家系図は自分の家系を明らかにし、先祖の祭祀に必要な情報が詰まっています。家系図を基にして家で祀るべき先祖、家の外で供養を施す絶家・傍系、家系の因縁、戒名に付いて等の判断をして徳風会吉相墓を設計しますので、正確な家系図が必要です。  

 

ご先祖の墓は、正しく祀っていますか?

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)

 日本人の墓の様式は、先祖供養をする家庭の墓です。
 ご先祖の墓が乱雑になっていたり、 祀り抜けはありませんか?
 ご先祖も家族であり、代を継いだ者は、ご先祖を守っていかなければなりません。
 竹谷式吉相墓で建て替えて、正しく先祖の祭祀をし、古い石塔を有縁無縁慰霊塔に。
 また、故郷の墓を整理し、お住まいの近郊に先祖をむかえるのにも、「吉相墓」は最適です。

吉相墓建立

吉相墓
     
       

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)

 

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)

       
   

 

切花は枯れますが、根の有るものは持続します

   

 「分家して、親より茶碗や箸を譲り受けるより以前に、親より墓地を買って戴いて下さい。」二代目会長故初代竹谷聰進師 (徳風H2.4)

 「分家として独立する時に、自分をこのようにあらしめてくれた数限りない多くのご先祖に感謝し、それに対して分家としての供養のために、先ず第一に供養塔を建立して下さい。」四代目会長故二代目竹谷聰進師 (徳風H2.4)

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)

 氏のある者は一定の墓所を必要とします。分家初代はご先祖様に報恩感謝し、分家の墓を建立して、ご先祖様を供養し、家の根として永続して行くための土台を固めて行かねばなりません。

氏のある者は一定の墓所を必要とします

 分家には分家のお墓が必要です「本家の墓を参っているから、いらない」のではありません。死者が出る前に分家の供養塔を建立して下さい。死者がなくても、ご先祖様をお祀り供養します。
 切花は枯れますが、根の有るものは持続します。分家初代はご先祖様に報恩感謝し、分家の墓を建立して、ご先祖様を供養し、家の根として永続して行くための土台を固めて行かなければなりません。
 資金が少なければ木枠で木標から建墓し、未来地を確保して下さい。
 本家と分家が住居を別にするように、お墓を別にしなければ独立した「家」の形ができません。

分家と本家が同じ墓 ※家を建てる前には家庭のお墓を建てて下さい。お墓を先に建てなければ上手くたちて行かないことがあります。
※分家初代は運命的に弱く、夫・妻・長男のいずれかが欠ける事が多く、それを防ぐためには分家としての、家庭のお墓が必要になります。

吉相墓    
  徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)
   

各家庭に合わせて「吉相墓」を設計します

「吉相墓」(竹谷式吉相墓)

二重枠・横墳墓「吉相墓」

先祖供養塔の五輪塔と、父母の代々墓。

 
 
   

「吉相墓」(竹谷式吉相墓)

分家初代・一重枠「吉相墓」

  先祖供養塔の五輪塔。
 
「吉相墓」(竹谷式吉相墓)

一重枠「吉相墓」

 先祖供養塔の五輪塔と、祖父母と父母の代々墓

木枠と木票から建墓の方法もあります

 

 予算が不充分な場合は、木枠で広い墓地を確保し、段階的に石にして行きます。

 

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)

五輪塔で石の先祖供養塔と木票の子供、木枠

 

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)


子供を石塔に

 

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)


石の枠に

(Photo=3DCG)
    

 
    
 
      
      

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)

  徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)
      
      

「吉相墓」の石種

竹谷式吉相墓の石種

白い花崗岩(みかげ石)をお勧めしています。予算に応じて徳風会の指定石材店とご相談下さい。

竹谷式吉相墓の石種

古い吉相墓に多い北木石です。代々追加などの建て増しの時は、建っている石塔と同じ石でなければなりません、必ず石の名前を残しておいて下さい。

「吉相墓」の土

竹谷式吉相墓の土

現在は黄色い土をお勧めしています。水分を含んでいる時は黄色いですが、乾けばベージュ色になります。

竹谷式吉相墓の土

古い吉相墓に多い赤土です。土が流れて周りが赤くなるので、限られた墓地でしか使用できません。

 

「吉相墓」は、はめ込み式の石塔

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓) 一般墓の石塔はセメントで竿石・上台石・下台石を接着しますが、竹谷式吉相墓の石塔はすべてはめ込み式となっています。接着すると一つの物となり竿石・上台石・下台石の役割を果たしません。
 また台石と竿石の凹凸に陰陽の秘儀があります。

 
©Taketani,Yasunori 不許複製・禁無断転載
徳風新聞
三ヶ年 六千円(税・送料込)  五ヶ年 一万円(税・送料込)  
 

 吉相墓はご先祖様を手厚く祀り、子孫の繁栄と家系の安泰を願う大切な家の根であり、ご先祖様への感謝の心をかたちにしたものです。
 吉相であるからには、開運するためのものであります。また、さらにより良い吉相にし、開運していくために皆様の努力が必要です。
 この家の根の吉相墓をお守りし、ご先祖様を供養し、また陰徳を積むことなどが代々承継されてこそ、その目的をとげられることになります。
 吉相墓を建立し年月が経つと、汚れが付いたり傾いたりしてきます。掃除をし、保守をして良い状態を保たなければ吉相とはいえません。
 吉相墓を建立されてもご先祖様を供養しなければ、開運を招くことはありません。吉相墓を掃除し供養して、お墓のお守りをすることにより、ご先祖様との繋がりを強くすることができます。

徳風新聞 また陰徳積みがご先祖様への最上の供え物であり、家系因縁を解消し、開運していく資源です。
 徳風新聞は、吉相墓をお守りするために必要な情報。正しい先祖供養のあり方。陰徳積み、その一つであるコ風会の浄行の案内などを掲載し、毎月皆様のもとへお届けする徳風会の機関紙です。
 徳風新聞をご家族でお読みになり、そして吉相墓をよくお守りしていただき、供養に努め陰徳を積んでいただき、そして正しく祖先の祭祀が代々承継されて、皆様が繁栄するよう努力していただきますことを、お願いいたします。

代表取締役社長 竹谷泰則